チャンピオンゲーム法とは?

Pocket

強そうなネーミングの投資法ですが、その名の通り実力も兼ね備えている優秀なマネーシステムです。

モナコにあるモンテカルロのカジノを潰したと言われているモンテカルロ法を改良したものというので、さらに興味深いです。

チャンピオンという名前にもありますが、その投資法は予選と決勝に分けて行われる仕組みとなっており、少し複雑な計算方法なため、しっかりと学んでおきましょう。

今回はチャンピオンゲーム法の詳しい賭け方や実践例などをもとに解説していきたいと思います。

【目次】
1. チャンピオンゲーム法とは?
2. チャンピオンゲーム法の実践例
3. チャンピオンゲーム法の特長
4. チャンピオンゲーム法のメリット
5. チャンピオンゲーム法のデメリット
6. チャンピオンゲーム法が使えるゲーム

1. チャンピオンゲーム法とは?

さきほども少し触れましたが、チャンピオンゲーム法の投資法は「予選」「決勝」に分けて行われるトーナメント方式のマネーシステムです。

勝率が五分五分で配当が2倍のゲームにてもっとも効果を発揮します。

実際の賭け方ですが、紙とペンを用意していただき、「1・1」と数列を記入してください。

チャンピオンゲーム法の1ゲーム目は、数列「1・1」から始まり、賭け金はこの2つの数字を足した2ドルからスタートします。

1ゲーム目で負けてしまった場合には、このときに賭けた2ドルを数列に加えます。2ゲーム目のスタートは、数列「1・1・2」から始まります。

2ゲーム目の賭け金も1ゲーム目と同様に、数列の右端「2」左端「1」を足した3ドルを賭けます。

2ゲーム目でも負けてしまった場合には、数列が「1・1・2・3」となります。

3ゲーム目の賭け金は、右端の「3」と左端の「1」を足した4ドルを賭けます。

もし2ゲーム目で勝利した場合には、数列の「1・1・2」の両端を消してください。

すると、最後に「1」が残るため、再度1ドルを賭けてプレイします。

チャンピオンゲーム法はすべての数字がなくなるまでプレイしてください

すべての数字がなくなったタイミングでチャンピオンゲーム法の「予選」が終了です。

次は「決勝」を勝ち抜く必要があるため、油断は禁物です。

ちなみに、「決勝」では数列が少し変わり、「1・1・1」を使用します。

「決勝」においても「予選」と同じように、勝ったら数列の両端を消していき、負ければ数字を追加していってください。

「決勝」まで見事に勝ち抜くことができれば、5単位(今回は1単位1ドルで解説)の賞金が手に入ります。

他の投資法と比べても紙とペンがあれば問題なく使用できる投資法ですので、慌てずにゆっくりと覚えていきましょう。

2. チャンピオンゲーム法の実践例

では、説明だけではなく実際にプレイした画像とともに見ていきましょう。

まずは1ゲーム目の予選1回目ですが、賭け金はいつものように1ドルとし、勝率が50%で配当が2倍のルーレットで検証していきます。

「予選」1回目の賭け金は数列の「1・1」より2ドルを賭けました。

「赤」2ドルを賭けましたが、結果は「黒」で残念ながら負けです。

累計損益は-2ドルとなり、数列は「1・1・2」となります。

続いて2ゲーム目です。

2ゲーム目の賭け金は、数列の「1・1・2」より3ドル「赤」に賭けました。

結果も「赤」だったため、配当は2倍の6ドルです。

これで累計損益は+1ドルとなり、数列は「1」に変わりました。

数列はまだ「1」が残っているため、そのまま「予選」の3ゲーム目にいきます。

3ゲーム目の賭け金は数列の「1」より1ドル「赤」に賭けました。

結果も「赤」でしたので、配当として2ドルがプラスされ、これで累計損益は+2ドルとなりました。

最後に残っていた数列の「1」も消せるため、これで「予選」を突破しました

続いては「決勝」の4ゲーム目ですが、数列は「予選」とは異なり、「1・1・1」を使用します。

数列の両端を足すと2ドルですので、これを「赤」に賭けました。

結果は「黒」でしたので、これで数列は「1・1・1・2」となります。

また、2ドルを失ってしまったため、これまでの累計損益も±0ドルになってしまいました。

続いて5ゲーム目です。

5ゲーム目は数列の両端を足して3ドル「赤」に賭けました。

結果も「赤」でしたので、配当として6ドルがもらえます。

これで累計損益は+3ドルとなり、数列も「1・1・1・2」から両端を消して「1・1」へと変わりました。

続いて6ゲーム目です。

6ゲーム目では、数列の「1・1」より2ドル「赤」に賭けました。

結果も「赤」でしたので、配当として4ドルが入り、累計損益は+5ドルとなりました。

また、数列の「1・1」の両端を消すことにより、すべての数字が消えましたので、これでチャンピオンゲーム法の1サイクルが終了したことになります

このように「予選」と「決勝」を1サイクルと考え、それを数回にわたりプレイすることで収益を増やしていくことが可能となっています。

6ゲームで1サイクルが終わりましたので、かなり好調な結果だと言えます。

もちろんこのように上手くいかないことがほとんどですので、タイミングや資金を考えながら慎重にプレイしてください。

3. チャンピオンゲーム法の特長

実践した際の解説を見ていただくと分かるのですが、チャンピオンゲーム法は各ステージで得られる収益が決まっています。

「予選」では2ドルのプラス「決勝」では3ドルのプラスとなっています。

つまり、1サイクルで得られる収益は+5ドルだと決まっているため、資金管理もしやすくコツコツと収益を伸ばしていくことが可能です。

もちろんメリットだけではなく、デメリットもあるため詳しく見ていきましょう。

4. チャンピオンゲーム法のメリット

チャンピオンゲーム法は非常にメリットの多い戦術として知られています。

具体的に見ていきましょう。

・ローリスクでコツコツ収益アップ
あくまで最初の設定金額を1ドルと設定した場合にはなりますが、非常にリスクがすくなく、かつ安定した利益を確保できるマネーシステムであることが分かります。

負けたときの損失を限りなく抑えることができるのは、オンラインカジノをプレイする上で重要な要素のひとつです。

他の投資法とは異なり、「予選」と「決勝」という2つのステージに分けて行われるマネーシステムであることから、リスクも2つに分散されているためリスクが低くなるという訳です。

・決勝で勝てば5単位を獲得
1ドルを賭けてプレイする場合には、5単位で5ドルのプラスとなります。

自分で単位を決めてプレイすることが可能なため、10単位を獲得するために2サイクルを行うことも問題ありません。

好きなように単位を決めて調整可能な柔軟性も持ち合わせています。

5. チャンピオンゲーム法のデメリット

そんなチャンピオンゲーム法のデメリットも見ていきましょう。

・負けが続くと長期戦
実践したプレイ画像の解説のように上手くいけば良いですが、そうでない場合には長期戦になることも覚悟しておきましょう。

チャンピオンゲーム法は勝てば数字を消せますが、負ければ数字は増えていきます。

つまり、連敗が続くと数字も増えるだけでなく、それに比例して賭け金も多少なりとも増えていくことを覚えておきましょう。

6. チャンピオンゲーム法が使えるゲーム

チャンピオンゲーム法は配当が2倍で勝率が五分五分のゲームにて効果を発揮します。

今回のように「赤」か「黒」を選択するルーレットだけではなく、ブラックジャックでも有効です。

ブラックジャックはまさに勝つか負けるかの2択ですので、チャンピオンゲーム法には打って付けのゲームです。

「21」に限りなく近い数字をそろえたほうが勝ちというゲームであり、初心者でも楽しく分かりやすいゲームとして人気があります。

コツコツとマイナスの損失を返していく投資法は他にもありますので、ぜひ他のページもご参照ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。