グッドマン法(1235法)とは?

Pocket

グッドマンという響きが何やら良さそうな気がするネーミングです。

今回の投資法は、今まで紹介してきた攻めの投資法とは逆で守りの投資法となっています。

元々の利益やゲームにより勝ち得た利益を守りながらプレイしていくスタイルで、確実に利益を残したいと思うプレイヤーには打って付けのマネーシステムです。

今回は攻めだけではなく、守りの投資法もご紹介していきます。

具体的な実践例を交えながらメリットやデメリットなども解説します。

【目次】
1. グッドマン法とは?
2. グッドマン法の実践例
3. グッドマン法の特長
4. グッドマン法のメリット
5. グッドマン法のデメリット
6. グッドマン法が使えるゲーム

1.グッドマン法とは?

グッドマン法は別名1235法とも呼ばれています。

この名前の由来ですが、連勝した場合に賭け金を1ドル・2ドル・3ドル・5ドルと増やしていくことから付けられました。

グッドマン法はゲームで獲得した賞金を手堅く確保しながらプレイしていく守りの投資法であり、絶対にマイナスの損失で終わらせたくないというプレイヤーにはオススメです。

また、連敗したとしても、負けたときの損失は-1ドルとなっているため、限りなくリスクの少ないマネーシステムなのです。

連勝時には賭け金が増えていくため、利益は守りながらも賞金を徐々に増やしていける理想的な投資法でもあります。

では、具体的な賭け方や実践例を見ていきましょう。

2.グッドマン法の実践例

グッドマン法は別名1235法とも呼ばれていますが、そのまま賭け方が投資法の名前になっています。

ゲームに勝利するたびに名前の通り、1ドル・2ドル・3ドル・5ドルと賭け金を増やして賭けていきます。

では、5ドルの後はどうするのかですが、そのまま連勝し続けている限りはずっと5ドルを賭け続けていきます

また、負けてしまった場合はそこでグッドマン法はストップしますので、また1ドルからのスタートとなります

グッドマン法はゲームに勝利した場合に使用することが可能であり、負けるとリセットされる仕組みです。

それでは、実際にプレイした画像をもとにグッドマン法の解説をしていきます。

ゲームに選んだのは、グッドマン法がもっとも効果を発揮する2倍配当で勝率が50%のルーレットです。

まずは1ゲーム目です。

「赤」1ドルを賭けていきます。

結果は「黒」でしたので、累計損益は-1ドルとなり、まだグッドマン法は使用できません。

続いて2ゲーム目です。

再び「赤」1ドルを賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、配当は2倍の2ドルが手に入ります。

これで累計損益は±0ドルとなりました。

2ゲーム目にして勝利できましたので、ここからグッドマン法を新たにスタートさせることが可能です。

3ゲーム目では、1235法の順番で2ドルを賭けていきます。

賭ける色はもちろん「赤」です。

結果も「赤」でしたので、配当が2倍で4ドル獲得しました。

これで累計損益は+2ドルとなります。

続いての4ゲーム目では、1235法から3ドル「赤」に賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、配当は3ドルの2倍で6ドル手に入りました。

これで累計損益は+5ドルとなります。

徐々にプラスの利益が増えてきました。

続いての5ゲーム目では、1235法の5ドルを賭けます。

引き続き「赤」に賭けていきたいと思います。

結果も見事に「赤」でしたので、配当は2倍の10ドルです。

これで累計損益は+10ドルとなり、いよいよ2桁に突入してきました。

続いての6ゲーム目ですが、グッドマン法(1235法)では連勝が続いている限りは継続できます。

また、連勝の5ゲーム目からは5ドルを継続して賭け続ける流れとなります。

よって、ここからは5ドル「赤」に賭けていきます。

結果は「黒」でした。

連勝もそう長くは続かないことをしみじみと感じる瞬間です。

これで累計損益は賭け金である5ドルを失ってしまったため、+5ドルに減ってしまいました。

もちろん7ゲーム目からもグッドマン法を新たにスタートさせられます。

ここで肝心なことは、7ゲーム目からも新たにグッドマン法を始められますが、+5ドルの利益を残したままグッドマン法が使用できる点にあります。

1ゲーム目と比較すると、0ドルからではなく+5ドルからプレイできるので、利益を確保しながらリスクを限りなく抑えて投資できることが分かると思います。

このように最高でも-5ドルの損失に抑えながらプレイできるので、着実に利益を増やしていける投資法となっています。

また、オリジナルで1235法を「2・4・6・10法」にするなど、賭け金を2倍にしてプレイすることも可能であり、ここは自分の資金と相談しながら決めていきましょう。

3.グッドマン法の特長

グッドマン法は確実に利益を確保しながらゲームを楽しむことが可能です。

効果的なのは配当が2倍で勝率が五分五分のゲームであり、連勝の波に乗れば大きな利益を確保することも夢ではありません。

負けたときの損失も-5ドルで固定されており、大きな損失がないローリスクなマネーシステムなのです。

獲得できる賞金を大きくしたい場合には、1235法ではありますが、賭け金をそれぞれ「2・4・6・10」と2倍にしても問題ありません。

この場合も負けたときの損失は-10ドルで固定されており、より利益を追求できるシステムとなっています。

4.グッドマン法のメリット

グッドマン法のメリットは大きく分けると2つあります。

・負けの損失が低く固定されている
別名である1235法にもある通り、負けたときには賭けた金額がそのまま損失へとつながります。

最高でも-5ドルの損失しかないため、資産管理もしやすく、利益を確保しやすいシステムとなっています。

・連敗しても損失が少ない
単純に連勝時には常に5ドルで勝負をし続けていますが、連敗時には基本的には1ドルで負けている形となります。

つまり、連勝のリターンは大きく、連敗のリスクは少ないシステムなので、着実に利益を確保できる流れとなっています。

10ゲーム中5ゲーム以下の勝利でも利益が残せるため、初心者にも打って付けのマネーシステムです。

5.グッドマン法のデメリット

グッドマン法のデメリットは大きく分けて2つあります。

・連勝できないと利益は薄い
連勝できない場合には、賭け金は最初の設定金額である1ドルで賭け続ける流れになるため、勝っても負けても1ドル単位でしか利益が増減しません。

つまり、数回は連勝してこそ効果を発揮する投資法であることが欠点と言えます。

・勝ち負けが交互に続くと利益が出にくい
勝ち負けを交互に繰り返していた場合に、1ドル単位で増減を繰り返していくため、結果的には±0ドルということも珍しくはありません。

あまりに勝ち負けを繰り返す場合には、グッドマン法以外の投資法に切り替えるのもひとつの戦略です。

6.グッドマン法が使えるゲーム

グッドマン法(1235法)は、配当が2倍で勝率が50%のゲームでもっとも効果を発揮する投資法です。

今回プレイしたルーレットでも、「赤」「黒」を選択できるだけでなく、「ハイ」「ロー」「偶数」「奇数」を選択できる方法もあります。

ルーレットは単純ではありますが、ルールが初心者にも分かりやすいためオススメです。

気分転換に切り替えるのも良いですし、思い切ってブラックジャックやバカラなどの同じく勝率が50%のゲームにシフトチェンジするのも良いかもしれません。

ブラックジャックはより「21」に近いほうが勝利です。

プレイヤーのほうが「21」に近いため、このケースでは勝ちとなっています。

他の投資法と比べても、攻めるだけ、守るだけではなく、着実に利益を確保しながら投資できるため、今でも多くのプレイヤーから愛されているマネーシステムです。

ぜひみなさんも試してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。