イーストコーストプログレッションとは?

Pocket

何やら凄そうなネーミングですが、凄いのは名前だけではありません。

ここまで攻めに特化した投資法や守りながら利益を確保していく投資法など、あらゆる種類の投資法をご紹介してきましたが、今回のイーストコーストプログレッションは一味違います。

数少ない攻めにも守りにも特化した万能型投資法なのです。

連敗してしまった際の損失を限りなく最小限に抑え、連勝時にはより大きく利益を獲得できるスタイルとなっています。

そんなイーストコーストプログレッションの賭け方やメリット・デメリットを解説していきます。

【目次】
1. イーストコーストプログレッションとは?
2. イーストコーストプログレッションの実践例
3. イーストコーストプログレッションの特長
4. イーストコーストプログレッションのメリット
5. イーストコーストプログレッションのデメリット
6. イーストコーストプログレッションが使えるゲーム

1.イーストコーストプログレッションとは?

長期戦になればなるほど効果を発揮するイーストコーストプログレッションですが、その賭け方から見ていきましょう。

賭ける金額ですが、これは任意で構いません

もちろん他の投資法にも言えることですが、最初に設定する金額が高ければ高いほど利益は多いですが、負けたときの損失も大きくなります。

基本的には少額からスタートさせるほうが良いでしょう。

1ドルからスタートでも問題ありません。

そして、イーストコーストプログレッションの賭け方ですが、2連勝してからスタートとなります。

2連勝しなければ投資法を開始することが不可能ですので、まずは頑張って2連勝することが必須条件です。

賭ける金額を1ドルと設定した場合、1ゲーム目に1ドル、2ゲーム目に1ドルで2連勝したとします。

すると、3ゲーム目では直前のゲームで賭けた1ドル2連勝で獲得した利益である2ドルを足した3ドルでプレイします。

3ゲーム目でも勝利した場合には、直前に賭けた3ドルに獲得した利益である3ドルの半分(1.5ドル)を足した金額を賭けていきます。

つまり、利益を半分残しながらも賭け金を上げていくスタイルとなります。

文章だけでは分かりづらいという方のために、実践したプレイ画像をもとに解説していきます。

2.イーストコーストプログレッションの実践例

今回もルーレットで解説していきます。

賭け金はいくらでも構いませんが、リスク回避のためにここは1ドルでプレイしていきます。

まずは1ゲーム目ですが、賭け金を1ドルとし「赤」に賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、配当が2倍の2ドル手に入り累計損益は+1ドルとなります。

次の2ゲーム目で勝つことができれば、イーストコーストプログレッションをスタートさせることが可能です。

2ゲーム目も1ドル「赤」に賭けていきます。

結果は「黒」でしたので、賭けた1ドルを失い累計損益は±0ドルとなります。

この投資法は2連勝してからがスタートですので、また1からやり直しです。

3ゲーム目も1ドル「赤」に賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、2倍配当の2ドルを手に入れました。

これで累計損益は+1ドルに戻ります。

肝心なのは次の4ゲーム目です。

しつこいようですが、2連勝して初めてこの投資法は使えます

同じく「赤」1ドルを賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、2倍配当の2ドルが手に入りました。

これで累計損益は+2ドルとなり、見事に2連勝を飾りましたので、いよいよイーストコーストプログレッションの始動です。

次の5ゲーム目では、直前の4ゲーム目で賭けた1ドル4ゲームと3ゲームで獲得した利益である2ドルを足した3ドルでプレイします。

結果も「赤」でしたので、配当は2倍の6ドルが手に入ります。

これで累計損益は+5ドルとなります。

次の6ゲーム目では、直前の5ゲーム目で賭けた3ドル5ゲーム目で獲得した利益分である3ドルの半分(1.5ドル)を足した4.5ドルを賭けていきます。

しかし、小数点が含まれているため、このような場合は自己判断で繰り上げるのか切り捨てるのかを決めてください。

ここでは繰り上げて5ドルとします。

6ゲーム目では、5ドル「赤」に賭けました。

結果も「赤」でしたので、配当は5ドルの2倍である10ドル手に入ります。

これで累計損益は+10ドルとなりました。

いよいよ利益も2桁に突入してきましたので、より利益を確保しながらプレイしていくことが求められます。

続いての7ゲーム目では、直前の6ゲーム目で賭けた5ドル獲得した利益分である5ドルの半分の2.5ドルを足した7.5ドルを賭けていきます。

ここでは繰り上げて8ドルとし、それを「赤」に賭けていきます。

結果も「赤」でしたので、配当は8ドルの2倍である16ドルが手に入ります。

これで累計損益は+18ドルとなりました。

続いての8ゲーム目では、直前の7ゲーム目で賭けた8ドル利益分の8ドルの半分である4ドルを足した12ドルを賭けていきます。

結果は残念ながら「黒」でしたので、そのまま賭けた12ドルは失ってしまいます。

これで累計損益は+6ドルとなってしまいました。

結果的に8ゲーム目で負けてしまったため、イーストコーストプログレッションは終了となりますが、手元には6ドルの利益を残すことに成功しました

つまり、負けたとしても投資法を実行してからであれば、確実に手元に獲得した利益は残ることが分かると思います。

もう少し利益を残したいという方は、6ゲーム目7ゲームで終了を選択することもひとつの戦略です。

3.イーストコーストプログレッションの特長

今回の投資法の最大の特長は、利益を確保しながらもその半分を賭け金に回すことにより、攻めにも転じていることです。

攻めと守りを同時に行える投資法であるため、負けても利益は残り、勝ったら利益が大きいというおいしいとこ取りを実現しています。

もちろんデメリットがない訳ではありませんので、メリットとデメリットも覚えておきましょう。

4.イーストコーストプログレッションのメリット

負けても利益が残るマネーシステムですので、そこが最大のメリットと言えます。

また、勝ったときにも直前のゲームで獲得した利益の半分を賭け金に回しているため、勝利したときの利益もアップさせることに成功しています。

攻めと守りに優れた投資法ですので、初心者の方でも積極的に使用することをオススメします。

5.イーストコーストプログレッションのデメリット

デメリットと言うべき大きな欠点はないのですが、連勝しなければ利益の確保が難しい点は否めません。

2連勝をすることでイーストコーストプログレッションは開始できますが、3連勝をかけたゲームでは、賭け金に今までの利益を乗せた3ドル単位で勝負をするため、ここでゲームを落とすと逆にマイナスの損失でゲームが終了します。

具体的には-1ドルの損失です。

また、4ゲーム目と5ゲーム目で勝利をして6ゲーム目に挑む際にも、もしゲームを落とすと3ゲーム目よりも1ドル単位多く損失額が増えてしまいます。

つまり、-2ドルの損失となるため、2連勝後に勝負を落とすたびに-1ドルずつ損失が増えていく仕組みとなっています。

2連勝後に負けるというリズムさえこなければ、基本的には少なからず利益は増えていくため安心してください。

6.イーストコーストプログレッションが使えるゲーム

今回の投資法はすべてのゲームで使用できる万能型投資法です。

配当は2倍、または3倍配当で使用することをオススメします。

今回使用したルーレットだけではなく、定番のブラックジャックやバカラなどでも使いやすいため、ぜひ積極的に使ってみてはどうでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。